1. トップ >
  2. 製品・サービス情報 >
  3. Web帳票ソリューション biz-Stream >
  4. 柔軟なシステム連携機能

biz-Stream

帳票をつくる: 柔軟なシステム連携機能

biz-Streamでは、以下の3つのインターフェイスにより様々な開発環境・開発言語から用できます。

ビジネスの発展に伴うトラフィック増加にも、柔軟に対応可能です。スタート時は業務アプリケーションとbiz-Streamライブラリを同一サーバ上で稼働させ、システム負荷の状況に応じ、適切なシステムリソースを配置可能とする「biz-Stream Webサービスサーバ構成」など。お客様のニーズに合わせて最適なシステム投資をサポートいたします。

■ biz-Stream ライブラリによるシステム構成 ~ Javaアプリケーション

biz-StreamライブラリはJava2対応のクラスライブラリです。OSやハードウェアを選ばずJava環境で動作します。このため、

  • IBM WebSphere
  • Oracle Application/WebLogic
  • Apache Tomcat

などのアプリケーションサーバと容易に連携することができます。
また、アプリケーションサーバ上で動作するJavaアプリケーションから、PDF生成のための制御を細部まで行えますので、高度で複雑なシステムの要求に柔軟に対応できます。

さらに、既存のシステムアプリケーションに追加する場合でも、非常に少ない追加ですむため、アプリケーションのメンテナンスが容易です。

biz-Stream アプリケーションサーバ構成

■ biz-Stream Webサービスサーバによるシステム構成
~ Webサービスインターフェイスによる プライベートクラウド帳票サービスを実現

「biz-Stream Webサービスサーバ」は、Webサービスインターフェイス(SOAP)にて帳票生成が可能な帳票生成専用のサーバです。柔軟なWebサービスインターフェイスにより、プラットフォームや開発言語によらない帳票生成を実現します。

biz-Stream Webサービスサーバによるシステム構成

「biz-Stream Webサービスサーバ」は複数のシステムからも接続可能です。このため、「biz-Stream Webサービスサーバ」は社内に帳票生成専用のWebサービスを提供、つまりプライベートクラウド帳票サービスを実現します。
この場合のライセンスは接続するシステム数によりません。「biz-Stream Webサービスサーバ」の台数のライセンスのため、社内の帳票サービスのコストを大幅に抑えることができます。

biz-Stream Webサービスサーバによるプライベートクラウド構成

次へ: オールインワンライセンス

導入検討やお問い合わせなど

biz-Streamに関する資料のご請求や導入に関するお問い合わせなどは以下までご連絡ください。

  • 資料請求・ダウンロード
  • お問合せ